バンコク住居物件の基礎知識①
(コンドミニアム)

バンコクで新たな生活を開始される方のご参考に、同都での物件探しの基礎知識を書き連ねたいと思います。

 

物件の種類

大別すると、バンコクで外国人が暮らす一般的な物件は以下4種類となります。

  1. コンドミニアム(分譲マンション)
  2. アパート(単身向け)
  3. アパート(家族向け)
  4. サービスアパート

1のコンドミニアムは、日本でいうところの分譲マンションにあたります。それぞれの部屋ごとにオーナーが違うため、まったく同じ間取りの部屋でも家賃や内装、家具等が異なります。基本的に家賃1万バーツ以上/月の物件が多く、ここ数年はBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)沿線を中心に建設ラッシュがすすんでいます。

2のアパート(単身用)は、1のコンドミニアムと異なり全ての部屋が同一のオーナーにより所有され貸し出されています。物件にもよりますが、家賃1万バーツ/月未満の物件が多く、メイン住民層はタイ人となります(エリアや物件によっては外国人が多く住んでいる場合もあります)。

単身バンコクに来た外国人は、コンドミニアムかアパート(単身用)のどちらかに住むのが一般的です。

3の「アパート(家族向け)」は、日本人が多く住むスクンビット地区の広域に多く建ち、築年数が古い物件が多い反面、部屋面積は格段に広く、200sqm~300sqmなんて物件もあって舌を巻いてしまいます。日系不動産会社で多く取り扱っています。私は独身なのでこの種類の物件に住んだことは無いため、本ブログでは割愛します。

4のサービスアパートは単身駐在員、あるいは家族連れ駐在員がコンドミニアムや家族向けアパートが見つかるまでの短期間の仮住まいとする事が多く、アパートではあるもののホテルと同様に定期的な掃除や朝食がつきます。旅行者などが短期で滞在できる物件も多く、私も過去に何度も滞在しました。こちらも本ブログでは割愛します。

まず本記事ではコンドミニアムについて説明致します。

コンドミニアム(分譲マンション)とは?

外国人が単身バンコクに住む場合に最も一般的なのが、コンドミニアム(分譲マンション)を賃貸で借りるケースです。

アパートと比較したメリット・デメリットは、以下の通りです。

 

<メリット>

・電気代が安い

・値引きや家電・家具の追加等、入居条件の交渉が可能

・プール・ジム等の設備が充実(物件にもよりますが)

<デメリット>

① 期間契約は基本的に1年単位(駐在員が日系代理店を通した場合、契約期間中の契約解除特別条項あり)

②アパートやマンションと比較し、面積当たり家賃が高い(特に築浅コンド)

③良くも悪くもオーナー次第

 

メリット① (特に)電気代が安い

アパート等と比較すると電気料金は格段に安くあがります。

コンドミニアムでは電気料金はタイ電気局への直接支払いとなります。毎月、一定の時期に請求書が送付され、セブンイレブンや電気局スマホアプリを使用して直接、電気局に支払います。公式の電気代は1ユニット:3.8THB(17年現在)です。これに対し、アパートではアパート内の事務所で大家に直接支払うのが一般的で、大体1ユニット:4.5~9THBに設定されています。なぜ差が発生するかというと、アパートでは大家が電気局の料金との差額分を自分達の収入にしているためです。

エアコンがほぼ通年で稼働するバンコクでは、電気代は大きな出費になりがちです。私は現在コンドミニアムに住んでおり、電気代は大体2,000THB未満/月ですが、仮に1ユニット9THBのアパートに引っ越したとしたら、単純計算で約2.8倍の5,600THB、その差額なんと3,600バーツ(12,200円*(1THB=3.4JPY))!タイの物価感覚ではかなりの金額になります。

メリット② 値引きや家電・家具の追加等、入居条件の交渉が可能

大抵の場合、家賃は交渉次第で当初提示額からかなりの値引きが可能です。

以下、私のケースを紹介します。

<物件A>

超新築コンドミニアム(築2カ月)、MRTラップラオ駅徒歩2分、1BR44sqm

家賃:言い値16,500THB/月⇒交渉により12,500THB/月

契約期間:1年⇒2年(期間を2年以上にすると、大抵のオーナーは値引きに応じてくれます)

<物件B>

築浅コンドミニアム(築3年)、BTSプロンポン駅徒歩10分、1BR54sqm

家賃:言い値22,500THB/月⇒交渉により16,500THB/月

※ちなみに日系不動産会社では同物件は35,000~45,000THBで案内されています。

契約期間:1年

<物件C>

築浅コンドミニアム(築2.5年)、MRTラップラオ駅より徒歩5分、1BR54sqm

家賃:言い値25,000THB/月⇒交渉により18,000THB/月

契約期間:1年⇒2年

以上はあくまで参考までですが、上記の通り、交渉次第で2~3割は家賃の値下げが可能でした。

※なお、現在は上記3物件とは別の場所に住んでおります。

 

メリット③ プール・ジム等の設備が充実

もちろん物件によりますが、大抵の場合はスクンビットの日本人居住区(アソークからエカマイにかけてのエリア)の家族向けアパートより、築浅コンドミニアムの方が、ジム・プール・サウナ・共同施設(レクリエーションルームや読書室・カフェなど)等のファシリティが充実している場合が多いです。

たとえば上記物件②では、長さ25メートルで幅も5人同時に泳げるインフィニティプール、広大な面積のジムには男女1名ずつのパーソナルトレーナーが常駐し毎日エクササイズプログラムを催行するなど、至れり尽くせりでした。また、常にどこかを改修工事しており、メンテナンス面もやり過ぎではと思うくらい万全でした。

これに対し、アパートはこういったファシリティはないか、あってもプールが小さかったりジム設備が不十分で老朽化していたりと、居住者が日常的に使用することを想定しておらずメンテナンスもおざなりな物件が多い傾向にあります。

デメリット① 期間契約は基本的に1年単位

コンドミニアムの契約期間は年単位が基本となり、急に本帰国することになった場合や、急遽引っ越しをする必要性が発生した場合、契約した残月分の家賃を支払うか契約書に定められた違約金を支払わなくてはなりません。

これに対しアパートは、事前に決められた一定の居住期間を過ぎれば、退去の1か月前までに大家さんに通知すれば自由に引っ越しができる場合が多く、融通がききます。初めてバンコクにお住まいになる方は、最初の数か月アパートに住みながら、お気に入りのエリアのコンドミニアム物件をじっくり探してみても良いかもしれません。

デメリット② アパートやマンションと比較し、面積当たり家賃が高い

床面積当たりの家賃は、コンドミニアムの方がアパート・マンションより割高なケースが多いです。特に最近の築浅コンドミニアムはものすごく狭い20~38sqm位の1ベッドの部屋が2~3万バーツしたりします(私見:2012年以降に建設された物件は、特にこの傾向が顕著)。まあ、それでも東京都内の一人暮らし向けワンルーム等と比較すれば非常に安いですが。

デメリット③ 良くも悪くもオーナー次第

コンドミニアムは日本でいうところの分譲マンションとなりますので、基本的には一部屋ごとに違うオーナーが所有しています。よって、同じ間取りの部屋でもオーナーさんの嗜好により家具や調度品が異なります。

また、詳細は後日書きますが、コンドミニアムに入居を決める際は、必ずオーナーさんにお会いし、人柄を見極めてから契約を結ぶことをお薦めします。意地の悪いオーナーさんに当たると、特に退去時にトラブルの元となります。

次回は、アパート(単身用)について簡単にご説明致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA